Androidおすすめフリーアプリ&無料ゲーム

ツール系Android無料アプリケーション:単位換算 – ConvertPad

ツール系Android無料アプリケーション 「単位換算 – ConvertPad」は、色んな単位や、さらには通貨までを他の単位で表現したときにどのような値になるのかを調べたいときに重宝する単位換算アプリです。

もちろん、無料で使用できるフリーアプリケーションです。


今回紹介する「単位換算 – ConvertPad」は、文字通り、色んな単位を変換してくれるアプリケーションなのですが、特に通貨の単位の変換機能が便利だなと思いました。
換算レートが固定でなくて、最新レートの情報をもとに結果を弾き出してくれます。
それでは、「単位換算 – ConvertPad」の使い方をさらっとご説明いたします。

このAndroidアプリの初回起動時は、言語設定等を聞かれますが、その設定が完了した後から使えるようになります。
基本的には、このアプリケーションの起動画面は、以下のような画面です。
単位換算 - ConvertPad 起動画面
まずは、単位換算したい大カテゴリーを選択します。
画面上部の「Category Selection」という部分をタップして、以下のような画面を表示させます。
単位換算 - ConvertPad カテゴリー選択画面
距離や重さ等、色々なカテゴリーがあります。
例えば、通貨であれば「Currency Exchange Rate」というカテゴリーを選択します。
次は、通貨の中で、どの単位を元に変換するのか?を設定します。
カテゴリーの下に表示されている「Unit Selection」の部分をタップして、以下のような画面を表示させます。
単位換算 - ConvertPad ユニット選択画面
1ドルがいくらか?を調べる場合だとドルを設定し、1円がいくらか?を調べる場合だと日本円を選択します。
次は、変換する数値を入力します。
先ほどのUnit Selectionの右側のValue部分をタップして、以下の画面を表示させます。
単位換算 - ConvertPad 値入力画面
例えば、「100円」を他の通貨に換算したい場合は、ここで「100」と入力します。

そして画面に戻りますと、以下のような画面になり、、、
単位換算 - ConvertPad 換算画面
日本円が100円の場合は、US Dollarだと1.2483ドル、ユーロだと0.8561ユーロ、、、という風に、一覧で示してくれます。
換算レートは、本画面から最新にアップデートできます。
上の画面では、ちょっと見にくいのですが、Unit Selectionの部分と実際に結果が表示されているリストの間に、「Update Processing・・・」と書いている部分があります。
もしアップデート可能であれば、この箇所をタップする事でアップデート出来ます。


先ほどの操作の最初で、「Category Selection」から、換算したいカテゴリーを選択しましたが、ここでは全てのカテゴリーが表示されているので、よく使うカテゴリーが限られている場合には少々不便かと思います。
そういうときは、メニューボタンで以下のメニューを表示させ、、、
単位換算 - ConvertPad メニュー画面
上記メニューから「Favorite Category」を選択し、以下の画面を表示させます。
単位換算 - ConvertPad カテゴリー選択画面
この画面で、実際には使わないカテゴリーのチェックを外しておくことで、カテゴリー選択の選択肢から省く事が出来ます。

同様に、例えばカテゴリーを「Currency Exchange Rate」に設定している場合に、ある特定の通貨の単位だけでよい場合もあるかと思います。
その場合は、先ほどのメニューから「Favorite Units」を選択して、以下の画面を表示させ、、、
単位換算 - ConvertPad ユニット選択画面
実際に換算したい通貨の単位だけチェックした状態にすると、ユニット選択時の画面も、結果画面からも、チェックを入れた通貨しか表示されなくなります。
通貨以外も同様です。


メニューから「Settings」を選択すると、以下のような画面が表示されます。
単位換算 - ConvertPad 設定画面1
現在のところ、一番上の言語設定で日本語に設定していても、あまり意味を成していないようです。
あとは、レイアウト関係の設定等が行えます。
また、このメニュー画面で、冒頭で説明した通貨換算時の換算レートの更新周期を設定できます。
少し下に移動すると、以下の選択肢が見えてきます。
単位換算 - ConvertPad 設定画面2
ここの「Currency update Notification」というところをタップしていくと、更新周期を変更できます。
時間単位とか日単位とかお好みで設定してください。


メニューから「User-defined Units」を選択すると、以下のような画面が表示されます。
単位換算 - ConvertPad ユニット定義画面
自分でカテゴリーを作ったり、新しいユニットを定義したり出来るみたいです。
仕事で特殊な単位、オリジナルな単位、或いは変換処理を使用するような事がある場合は、この機能を活かせるかもしれません。
例えば私の場合、仕事でプログラミングをしておりまして、そのプログラム行数に応じてテスト件数を算出するのですが、そういうときに使えそうです。


Androidアプリ 「単位換算 – ConvertPad」は、以下からダウンロード
Androidスマートフォンから閲覧の方は、下記のQRコードをタップして頂ければ、Android Marketへ遷移します。
単位換算 - ConvertPad QRコード

PCから閲覧の方は、こちら⇒単位換算 – ConvertPad


動作確認機種:Xperia


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top