Androidおすすめフリーアプリ&無料ゲーム

書籍・文献系Android無料アプリケーション:青空読手

書籍・文献系Android無料アプリケーション 青空読手は、Android端末で、青空文庫にある書籍データを閲覧するための専用ビューアーです。

もちろん、無料で使用できるフリーアプリケーションです。


「青空文庫」というWeb上のサイトをご存知でしょうか。
PCからもアクセスできますので、ご存知の方もかなりおられるかと思います。
青空文庫とは、主に著作権が切れた書籍を閲覧できるサイトです。
著作権は、作者がお亡くなりになられてから50年間経過すると失効する(間違っていたらすみません。)そうで、例えば、福沢諭吉や芥川龍之介等、皆さんがよくご存知の方の作品を、無料で閲覧する事ができるのです。
著作権が切れた作品だけではなく、著者が無料で読んで欲しいという作品も公開されているそうです。

そんな「青空文庫」上の作品を、Android端末で閲覧しやすくしてくれるビューアーが、今回ご紹介する「青空読手」です。

「青空読手」を起動すると、以下のような画面が起動します。
青空読手 起動画面
上の画像では「蟹工船」というのが表示されていますが、一番初めの状態では何も表示されていない状態です。
それでは、作品を探してみましょう。
作品の検索の方法の一つとして、「作者」タブを開くという手順があります。
「作者」タブを開くと、あいうえお順で、著者の一覧が表示されます。
例えば、芥川竜之介をタップすると、以下のような画面になり、作品の一覧がずらっと表示されます。
青空読手 作者一覧画面

人気順で検索する事も可能です。
「ランク」というタブを開くと、以下のような画面になります。
青空読手 ランク一覧画面
有名どころの作品がずらっと表示されますので、特に何を読むか決めていない方におススメの探し方です。

もしくは、作品名で検索する事も可能です。
メニューボタンを押すと、以下のようなメニューが表示されます。
青空読手 メニュー画面
メニューから「検索」を選択し、例えば「メロス」と検索すると、以下のように検索結果が表示されます。
青空読手 検索結果画面

また、メニューから「設定」を選択すると、以下のような設定画面が開きます。
青空読手 設定画面
フォントのサイズや太さ等の変更が出来ますので、自分の見やすいように調整が出来ます。

実際に作品を選択すると、書籍の中身を閲覧する事が出来ます。
イメージとしては、以下のような感じです。
青空読手 書籍閲覧画面
あまり使う事はないかもしれませんが、メニューから「ページ指定」を選択すると、以下のような画面が開き、閲覧するページを指定する事が出来ます。
青空読手 ページ指定画面

読む事を中断したい場合は、普通にバックボタンを押せば、その時点のページ番号を覚えておいてくれますので、便利です。
続きを読みたい場合は、以下の画面のように、起動後に表示される「しおり」の一覧画面で表示されていますので、続きを読みたい作品名をタップすれば、また続きから読む事が出来ます。
青空読手 しおり一覧画面


本アプリでは、あなたのお好みで、縦向きで使うか横向きで使うかを設定できます。
但し、今のところは、どちらか固定にしておいた方がよさそうです。
おそらく不具合かと思いますが、縦向きの状態で保存した「しおり」は横向きの設定にすると見えなくなり、その逆も然りとなっています。
今後改善されるかとは思いますが、今のところは上記のような不具合らしき動作がありました。

但し、上記を除いては、普通に使いやすいアプリケーションだと思いますので、一度お試し下さい。


Androidアプリ 「青空読手」は、以下からダウンロード
Androidスマートフォンから閲覧の方は、下記のQRコードをタップして頂ければ、Android Marketへ遷移します。
青空読手 しおり一覧画面

PCから閲覧の方は、こちら⇒青空読手


動作確認機種:Xperia


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top