Androidおすすめフリーアプリ&無料ゲーム

エンターテイメント系Android無料アプリケーション:スカウターLite

エンターテイメント系Android無料アプリケーション 「スカウターLite」は、あの人気漫画「ドラゴンボールZ」で登場した、相手の戦闘力を測定する為の装置を疑似再現したアプリケーションです。

もちろん、無料で使用できるフリーアプリケーションです。


本日は、「スカウターLite」という無料アプリケーションをご紹介します。
冒頭で述べたとおり、「ドラゴンボール」というアニメで登場した「スカウター」という装置を模写したAndroidアプリです。
使用用途としては、相手といざケンカになりそうになったときに、まずは相手の力量を測る為…ではなくて(笑)、例えば、コンパや飲み会中のちょっとした余興とか、ご家族、特にお子様のおもちゃ代わりにしたりする事も出来ます。

それでは、「スカウターLite」がどのようなアプリなのか、見て行きましょう。
まず、アプリを起動すると、以下のような画面が起動します。
スカウターLite 起動画面
スカウターを右目に装着した状態で向こう側を見ている、という感じのシチュエーションですね。
画面左側のスパナのような絵が描かれたアイコンをタップするか、オプションメニューの「設定」を選択すると、以下のような設定画面が開きます。
スカウターLite 設定画面
この設定画面でいくつかの設定が行えます。
無料版であるスカウターLiteでは、「顔認識モード」と「音の有無」のみ設定が行えます。
「顔認識モード」については、後ほどご説明したいと思います。
なお、有料版では、レンズの色や戦闘力の測定上限なんかも設定できるみたいです。
スカウターのレンズの色というと、一般的には緑か赤かな?と思いますが、無料版では緑のみしか使用できません。

元の画面に戻って、オプションメニューの「ヘルプ」を見てみましょう。
スカウターLite ヘルプ画面
このスカウターの使い方が簡単に書いてありますので、一通り目を通しておくとよいかと思います。

では、いよいよスカウターを使ってみたいと思います。
まずは顔認識モードはOFFの状態で使ってみます。
顔認識モードOFFの状態では、まずは、以下の画面のように、戦闘力を測定したい被写体をレンズ内に収めます。
スカウターLite 顔認識モードOFF計測前画面
被写体となるのは、人だけでなく、例えば人形やぬいぐるみ、PCからネット上の芸能人の写真なんかでもOKです。
そして、被写体をとらえた状態で、画面右上(Distanceと表示されている上辺り)をタップすると、オートフォーカスが始まり、以下のように戦闘力を測定してくれます。
スカウターLite 顔認識モードOFF計測画面
この人は、戦闘力14311です。かなり強いですね(笑)
画面右下の「SAVE」を押すと、画像を保存する事も出来ます。

次は、顔認識モードをONの状態で使ってみます。
先ほどと同じ要領で、被写体をレンズに写して画面右上をタップすると、以下のような画面になります。
スカウターLite 顔認識モードON計測前画面
人の顔を認識して、黄色い丸で囲んでくれます。
このとき、スカウターの右側の「Distance」というところをみてください。
「>」マークが、「Too Close」というところ辺りに当たってますね。これは、顔が近すぎる、という事を意味しています。
ですので、少し顔から離して、もう一度同じ要領を行うと、、、
スカウターLite 顔認識モードON計測前画面2
「>」マークが、「Good」のところに来ましたね。これで丁度いい塩梅だという事です。
これで正しい?戦闘力が測れるというわけです。
ちなみに、顔認識モードでは、人の顔以外は計測出来ないみたいです。


同じ被写体でも、角度とか大きさで随分と戦闘力に誤差が出てしまうのですが、ネタ系のアプリですので、まぁ良しかなと思います。実際に戦闘するときには使えませんが(笑)


Androidアプリ 「スカウターLite」は、以下からダウンロード
Androidスマートフォンから閲覧の方は、下記のQRコードをタップして頂ければ、Android Marketへ遷移します。
スカウターLite QRコード

PCから閲覧の方は、こちら⇒スカウターLite


動作確認機種:Xperia


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top